以前はED治療薬=バイアグラ、というイメージもあったかも知れませんが、最近だとED治療薬の特許期間が切れた事で、数々のジェネリックのED治療薬が多く販売されています。現在流通しているジェネリックのED治療薬ではカマグラ・メガリス・バリフなどが有名ですが、その中でもカマグラは最もシェア率が高いジェネリック薬です。

ジェネリックの特徴としてとても低価格で購入できる為、国内では承認されていませんが通販などで多く購入されています。

今回はそんなカマグラについて効果や飲み方、副作用、その他の注意点などをまとめていきたいと思います。

 

カマグラとは?

カマグラとは
カマグラは、インドの製薬会社アジャンタ・ファーマが製造・販売をしているバイアグラのジェネリックED治療薬です。
これはバイアグラの有効成分シルデナフィルの特許期限が切れた事で製造されたもの。
カマグラもシルデナフィルを有効成分としているため、基本的にはバイアグラと同じ効果を及ぼすといわれています。

正規品は50mgと100mgがあり、一般的に「カマグラ」と「カマグラゴールド」の2種類の名称で販売されています。
効果や副作用などの含めてこの2つはほぼ同じものと考えてよいでしょう。
ジェネリックのED治療薬の中でも最も有名なものと言ってもいいのですが、国内では未だに未承認薬。
しかし「未承認薬=効果がない」ということではないので、ネットが充実している現代では個人輸入代行などで購入され、広く服用されています。

先程書いた通り効果などはバイアグラとほぼ同様ですが、カマグラの特徴としてはジェネリックならではの「価格の安さ」の他に、「種類の豊富さ」が挙げられます。

【カマグラの豊富な種類一覧】
・錠剤
・発泡錠
・チュアブル
・ゼリー

味の種類も多く販売されており、発泡剤タイプはライチや青りんごなど7種類があり、チュアブルタイプは4種類があります。

バイアグラは一般的に錠剤のみの販売となりますが、カマグラにはさまざまな種類の薬が製造・販売されているのです。

錠剤を服用するのが苦手な方にとっては、水なしで服用出来るチュアブルや溶かして飲める発泡剤タイプはかなり服用しやすいものでしょう。

カマグラの効果

先程も書いた通り、カマグラとバイアグラは同じ有効成分でつくられているため、効果はほとんど同じものになっているといわれています。

ただ、バイアグラのジェネリックに関しては国内で承認されているものではありませんので、「バイアグラと同じ効果が保証されているわけではない」という所は注意すべき点です。

カマグラは血管拡張によって男性器の勃起力を改善します。
勃起には十分な血液が必要ですが、EDを発症している人は性器が血行不良状態となっているのです。
そこでカマグラに含まれるシルデナフィルが、血管拡張を起こして性器へと十分な血液が運ばれるようにサポートします。

服用してから30分後に効果があらわれはじめ、効果の持続時間は大体4時間~6時間程度となっています。
他のED治療薬と比較すると、効果が早く表れること、勃起時のペニスの硬さなどに関しては最も効果が高いといえるでしょう。

 

カマグラの飲み方

カマグラはセックスをする30分~1時間前に空腹状態で飲む必要があります。
これはバイアグラでも同じです。

食前での服用が推奨されており、食後に服用してしまうと効果が薄まってしまう可能性があります。
「効果が出なかった」という人の多くがたくさんの食事をとった直後に服用してしまっています。

【食前に飲む場合】
食事をする30分。
【食後に飲む場合】
3時間以上の間隔をあける。

食事の影響をあまり受けないといわれているシアリスよりも、カマグラは影響を受けやすい薬です。
その点カマグラは、食事会の後にすぐには服用できないケースもあり気を付けるべき点は多いです。

メニューを脂質や油分の少ないものにする、量を控える、などの点に気を付けて頂くと効果が出てきやすくなります。

その他気になる所としては飲酒の際の服用。
実はお酒に関しては、適量であれば問題はありません。
もちろん過度な摂取は脳への刺激を麻痺させてしまう恐れがあるためオススメ出来ませんが、適度な飲酒は興奮を促す事もあるので摂取しても平気です。

同様の効果をもつといわれているバイアグラは現在25mgから販売されていますが、カマグラが50mgと100mgで売られています。
最初は半分や4分の1にピルカッターでカットして試してみるのも、効果の度合いをみる面や経済面でも良い方法なのではないでしょうか。

カマグラの副作用

カマグラによる頭痛や副作用
カマグラはバイアグラと同様の効果を持つ一方、その副作用もバイアグラと同様のものであるとされています。

カマグラの主な副作用は、

  • 頭痛、顔のほてり・紅潮
  • 腹痛、吐き気・消化不良
  • 動悸

などが挙げられます。

頭痛や火照り、紅潮などは服用した方の10人に1人くらいには見られる副作用で、これはかなり多く見られるものです。

ただ、副作用の程度に関してはかなり個人差がある為、ほとんどなにも感じない人もいれば、比較的強い副作用を感じる人もいます。

もちろん副作用は効果が薄くなるとともにやわらぐものになっていますので、用法用量をしっかりと守って服用すればそこまで気にするほどではないでしょう。

併用禁止の薬品や注意点をしっかりと確認してから、安全に服用するようにしましょう。

 

カマグラ購入・服用の際の注意点

効果を安全に、しっかりと発揮させるためには注意するべき点がいくつかあります。カマグラ購入の際に気を付けたい点としては主に、

①併用禁忌薬

②服用しない方が良い状況

③インターネットでの購入について

上記の3点が挙げられます。

まず①と②ですが、カマグラにもバイアグラと同じように併用してはいけない薬が存在しています。
カマグラの併用禁忌薬はニトログリセリンなどの硝酸剤と、不整脈の薬であるアンカロン錠アミオダロン塩酸塩錠です。

心筋梗塞や狭心症、不整脈で通院されている方などは上記の薬処方されている事があり、そういった方がカマグラを服用してしまうとと急激に血圧が低下してしまい、最悪の場合死にいたることもあります。その他にも、

・重度の肝機能障害がある人。

・網膜色素変性症の人。

こういった方の服用も気を付けた方が良いでしょう。

そして最近かなり話題にもなっているのが③のインターネットでの購入に関してです。

現在カマグラは国内で承認されておらず、基本的には病院などでも処方していない為、国内で購入しようと思うとネットから個人輸入代行サイトで購入するしかありません。

バイアグラの偽物も問題になりましたが、最近ではカマグラの偽物も存在しているようなので、ネットでの購入の際もそういった点にはかなり注意して頂きたいです。

とはいえ、カマグラはバイアグラと同じ効果を得られるのにも関わらず、はるかに低価格で購入できます。
ピルカッターでカットして服用する事も考えると、5分の1~10分の1程度の金額で購入できます。

しっかりとサイトの運営会社や説明を確認してから購入するのであれば、価格面で考えても非常に優秀なED治療薬と言って良いでしょう。

 

Copyright© カマグラゴールド宅配便 , 2021 All Rights Reserved.